子どもと社会と・・

子どもの世界は日々進化しています。 子ども達の日常や遊びの世界、子育て、学校の教育などを綴って行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

子どもの世界のテレビゲーム

子どもの世界の中で一般的に家庭にテレビゲームが登場したのは 1980年代の任天堂のファミリーコンピュータのころ。その後 子ども達の人気は携帯型のテレビゲームへと移って行ったのだが、2011年の今年大流行しているのが SONYから販売されている PSP(プレイステーションポータブル)である。

ちょっと前までは 任天堂のDSが人気を得てブレイクしていたのだが、昨年末からは 『モンスターハンターポータブル』という ハンティングアクションゲームが登場してから 子ども達の世界ではこのPSPの人気が席巻して 市場ではクリスマスを経て、お正月のお年玉商戦の中でも PSPを手に入れる事は至難の業となっている。

デパートのおもちゃ売り場や ゲームコーナーでは子ども達がPSPをもとめて探しまくっている。
PSP人気






できごと 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

地域子ども会とスポーツ行事

地域の子ども会行事において そのスポーツ競技化に大きな疑問を抱いています。

各地の子ども会の行事が いつの間にかスポーツ行事が中心と成りつつあるようです。
それは これまで子ども会行事の夏の定番であった 子ども会キャンプや 夏のラジオ体操
地域での家族旅行やふれあい行事などに代わり スポーツ大会がメインと成りつつあります。

スポーツ競技も ソフトボールやドッチボールなどが多いのですが、
その開催方法は 楽しむといった レクリエーション行事から 勝ち負けを優先した
競技としてのスポーツが中心となりつつあるのです。

先日 三河部のある市子連に このスポーツ競技中心の子ども会運営に対して
疑問をぶつけました。
ところが 返ってきた内容は 「スポーツ中心の子ども会のどこが悪いのだ?」といった
回答であったのです。
地域が一体となって 勝ち負けにまい進する子ども会のスポーツ大会開催には
大きな意義が有り 保護者の理解と 後押しがあるから続いているのだ!! とか

ほんとうに そうなのでしょうか?

私は 子ども会の役員が スポーツ大会の運営をしている方がわかりやすくて 楽だから
というのが本音ではないかと感じてしまいます。

ようするに、現在の子ども会の指導者は 子ども会が何をすべきかを見失っているように
感じられるのです。

皆さんは どのように思いますか?

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

できごと 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こどもの日

5月5日  今日は「こどもの日」です。

全国で15歳以下の子どもの数は1714万人とか
毎年その数は減り続けて 戦後最低の数字とのことです。

「こどもの日」 にさいしてあらためて 子どもたちのことを考えてみたいと思います。

今 学校では近年進められた来た 「ゆとりの教育」 という方針を
こどもの学力低下という懸念から あらためて見直し また詰め込み教育へと方向転換することと
なりました。

小・中学校では平成14年度から「総合的な学習の時間」として 各学校に自由裁量の中で
教育のカリキュラムが与えられました。
この総合学習では、英語教育などを取り入れる学校などのほか 多くの学校で取り組まれたのが
子どもたちの生活する 地域の学習です。

町の先生の呼び込みや 地域の伝統行事や風習、歴史などを学ぶ 地域 ふるさと学習が
見られました。 しかし いつの間にか 先生自身が行き詰まり このふるさと授業の進展は
壁にぶつかりつつあるようです。

子ども会という 地域における子どもたちの結びつきが 薄くなった原因には
ひとつに核家族化や 町内会などの地域の地縁活動の低下もあると思われますが、

子どもを取り巻く環境には 学校のことをはじめ
 遊び 塾、いじめ、スポーツ、家族、子育て・・・・ いろいろなテーマがあると思います。

「こどもの日」 に現在のこどもの姿を考えてみたいと思います。

できごと 雑感 | コメント:0 | トラックバック:1 |

子ども会コミュニテーネット

全子連(全国子ども会連絡協議会)のもとで運用されている 
子ども会活動のSNS(ソーシャルネットワークサービス)(ネット活用による交流活動)に
【子ども会コミュニテーネット】 という活動がある。

この活動は インターネットの掲示板を通じて各地の子ども会の活動の様子や
相談事、困りごと、交流、雑談をしようというもので、現役のジュニアリーダーから
子ども会の育成者、指導者などが1000人近く参加して情報交換をしている。

ジュニアリーダー活動を活性化する方法は?

リーダー研修でよい方法はないか?

育成者と指導者のあるべき姿は?

「いま○○地方ではこんな活動をしているよ」

ジュニアリーダー活動で中学生から高校生へ育成する方法は?

今人気のゲーム 遊びは? 
  ・・・・・・・

といった話題などで盛り上がっている。
このSNSの魅力は 現役の中学生から 高校生や大学生のリーダー
育成者の保護者や母親、そして50~60歳代の地域の子ども会指導者などが
同じ土俵で年齢を越えて語り合っていることでもある。

現在の子ども会活動の問題点が見えてくるのも面白い。

是非 一度 登録して会話に参加して頂きたい。


【子ども会コミュニテーネット】
http://jlclub.net/?m=pc&a=page_o_login

【子ども会コミュニテーセンター】
http://www.juniorleader.com/

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

できごと 雑感 | コメント:1 | トラックバック:0 |

2009新年 丑年

2009年 丑年は穏やかな中ではじまりましたが、皆様のお正月はいかがだったでしょうか。

日の出01

各地できれいな初日の出が見られたようです。

新年 1月2日は 三宅先生の88歳の誕生日 米寿を迎えられました。
毎年のことですが 今年も多くの こども会 OBが春日井市の 三宅邸を訪れました。

090102正月三宅邸01

今年は あまり無理をせずに マイペースで 各地の講演 やイベントをこなしていきたいとの
事でしたが まだまだ元気で 現役の三宅先生でした。

1/5からは 今年も 岐阜県の大垣市を皮切りに「新入学を祝うつどい」が始まりました。
現在 中日こども会 青年部は5人の女性が頑張っているとのことです。

できごと 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。