子どもと社会と・・

子どもの世界は日々進化しています。 子ども達の日常や遊びの世界、子育て、学校の教育などを綴って行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地域子ども会とスポーツ行事

地域の子ども会行事において そのスポーツ競技化に大きな疑問を抱いています。

各地の子ども会の行事が いつの間にかスポーツ行事が中心と成りつつあるようです。
それは これまで子ども会行事の夏の定番であった 子ども会キャンプや 夏のラジオ体操
地域での家族旅行やふれあい行事などに代わり スポーツ大会がメインと成りつつあります。

スポーツ競技も ソフトボールやドッチボールなどが多いのですが、
その開催方法は 楽しむといった レクリエーション行事から 勝ち負けを優先した
競技としてのスポーツが中心となりつつあるのです。

先日 三河部のある市子連に このスポーツ競技中心の子ども会運営に対して
疑問をぶつけました。
ところが 返ってきた内容は 「スポーツ中心の子ども会のどこが悪いのだ?」といった
回答であったのです。
地域が一体となって 勝ち負けにまい進する子ども会のスポーツ大会開催には
大きな意義が有り 保護者の理解と 後押しがあるから続いているのだ!! とか

ほんとうに そうなのでしょうか?

私は 子ども会の役員が スポーツ大会の運営をしている方がわかりやすくて 楽だから
というのが本音ではないかと感じてしまいます。

ようするに、現在の子ども会の指導者は 子ども会が何をすべきかを見失っているように
感じられるのです。

皆さんは どのように思いますか?
スポンサーサイト

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

できごと 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<子どもの世界のテレビゲーム | ホーム | こどもの日>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。