子どもと社会と・・

子どもの世界は日々進化しています。 子ども達の日常や遊びの世界、子育て、学校の教育などを綴って行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

七夕の夜 

7月7日
今年の七夕は 西日本では梅雨明けが早く きれいな星空のした 1年に1回の 牽牛と織姫の出会いを見ることができる地域も多いかもしれない。

夏の季節 キャンプに出かけるとそのメインプログラムはなんと言っても キャンプファイヤー。

このキャンプファイヤーには 3つの火の形があることをしっているであろか?

儀式の火と呼ばれる<セレモニアルファイヤー>と 歌やゲーム、スタンツで盛り上がる<ボンファイヤー>はどのキャンプでも多く見かけるのだが、キャンプファイヤーで本当に味わってもらいたいのは もう一つ<カウンシルファイヤー>と呼ばれる 消えかかっている火を見つめながらの「話し合いの火」である。

燃え盛る強い火ではなく まさに 赤くちょろちょろ ボサボサと燃える火を見つめながら 星空でも眺めながらの語り合いは 何時までも心の中に思い出として残るものではないだろうか・・・

そんなとき ちょっと語れるような 星の話を覚えておくといい。
夏空の主役 夏の大三角形は誰もが知る 
七夕星の牽牛星 鷲座の「アルタイル」と 織姫 こと座の「ベガ」 天の川の中央で この二つの星を結ぶ 白鳥座の 「デネブ」


この白鳥座は 別名 北十字星と呼ばれていて、ちょっとみると ひこ星と 織姫星の相愛傘のようにも見えてくる。

1年に1度めぐり合うと言う この七夕星が 実は光の速さで 15年かかる15光年も離れていることや、 ひこ星(アルタイル)は地球から16光年 織姫星(ベガ)は27光年と地球からは まさにお隣の星であるのに デネブは なんと3200光年も離れていることや いまから8300 年後には この星が 北極星に位置することなどを覚えておくと、しんみりした中で 雄大な宇宙の神秘の中で生きている姿に感動する。

夏のもう一つの主役 さそり座と 冬の星座の代表 オリオン座は 絶対に同時間では見えないことや ギリシャ神話の中でのこの二つの星座のかかわりなど 覚えておくと より一層素晴らしい夜となる・・・・

七夕星01
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

できごと 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まちつくり 公園つくり | ホーム | 新しい 児童館の形>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。