子どもと社会と・・

子どもの世界は日々進化しています。 子ども達の日常や遊びの世界、子育て、学校の教育などを綴って行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地域からの情報発信の方法は?

全国にある 子ども会の数は社会の多様性に伴って 年々減少していると言われます。

子ども関連団体は スポーツ団体などを数えると多くの組織があるのですが、子ども会の活動はまさに転換期にあると言われています。
それは 子ども会関連のホームページなどの情報発信を見ても感じることができます。

ホームページによる情報発信が話題となった2000年代前半には多くの子ども会やジュニアリーダーなどの組織がその活動の発表の場として 情報発信の手段としてホームページなどのネット活用を試みたのですが、近年こうした子供会や少年団体からのホームページによる情報発信は大きく後退しています。

Googleなどで「子ども会」というキーワードで検索できるホームページの数は40万件ほどありますが、その多くは各地区の市子連や県子連などが設置したオフィシャルなホームページで、当初の目的として子ども会活動の情報発信として使われているものは少数です。(と言うより 生半可なホームページでは 誰の目にもとまらない・・・ というのが本当のところです。)
誰の目にも留まらない、意味の無いホームページに多くの人が気が付いたと言うべきかもしれません。

NETの活用は現在大きな転換期を迎えています。
ホームページ ブログ、ツイッターなど多くのメディアをクロスしながら情報発信しなければならない時なのです。

地域の子ども会も 活動の活性化の為には 携帯電話による活用も含め新しい情報発信が求められることでしょう。
スポンサーサイト
できごと 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

カードゲームの派閥

ここ数年、小学校高学年から中学生を対象に人気を集めているのが1対1で対戦するトレーディングカードゲームだ。

しかし このカードゲームにはテレビで放送されるアニメと連動していくつかの派閥がある。
もっとも低学年に人気のある遊びは ポケモンカードなのだが 高学年の間では 「遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム」と、「デュエル・マスターズ」という二つのカードゲームが人気を二分している。

このトレーディングカードゲームは 従来のトランプなどとはちょっと異なり ある意味でストーリーになっていて、それぞれのカードの持つ意味合いが異なり 遊ぶ為に理解するにはかなりの労力が必要となってくる。

一番人気の高い「遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム」は集英社のコミック誌「週刊少年ジャンプ」に1996年から連載された漫画が原点で、カードを現実化したもので99年から販売が始まり、日本だけでなく世界の子供たちから熱い支持を集めた。累計販売枚数は181億枚にも達するという。

対する 「デュエル・マスターズ」の方もテレビと連動し、これまで27回にわたり新しいシリーズが販売され、ルールも進化し続けている。

販売されるカードによっては レアカード 超レアカードとして 通常5枚1組で160円程で販売されているカードが プレミアム価格がついて 1万円以上で取引されるものもある。
遊戯王01

デュエル・マスターズ01





子どもの世界 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。