子どもと社会と・・

子どもの世界は日々進化しています。 子ども達の日常や遊びの世界、子育て、学校の教育などを綴って行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地域子供会活動の現状

今回も地域の子供会ネタを書きたいと思います。

子供会活動の衰退を書きましたが
近年の子供会活動はますます行事子供会となっているようです。

西尾市を例に取るなら ドッチボール大会やソフトボール大会、夏の野外活動教室・キャンプなどは市子連主催で展開され、各地域の子供たちはこれらの行事に参加するため、ソフトやドッチの練習に駆り出されます。

もちろん、冬のクリスマス会や春の会員の歓送迎会は定番ですが、子供会とはこうした行事を行うものという認識が強いようです。

日常の子供たちの活動はどうも忘れ去られています。

公園で遊ぶ子供たちの姿を見かけなくなった昨今。
週休2日制でも外で遊ぶ子供たちを見かけません。

スポーツ少年団でのサッカーやリトルリーグ、空手や武道の参加は増えても、子供どおしが集まって遊ぶ姿は見えないのです。

子ども会の役員も たとえば公園を見直そうといった取り組みや、こどもの遊び場の改善といった認識はありません。

先日 政府から提言された『親学』の薦め。
この中に
「道路を解放して 子供の遊び場に!!」という提案項目がありました。

こども達の実態が置き去りになっています。

スポンサーサイト
できごと 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。