子どもと社会と・・

子どもの世界は日々進化しています。 子ども達の日常や遊びの世界、子育て、学校の教育などを綴って行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地域子供会の現況

私が西尾市の地域子供会に久しぶりに参加して感じるところは、
地域における指導者不足です。

ジュニアリーダー活動の衰退は言うまでも無く、
指導者そのものが居ません。

地域における子供会の組織は
子供会を組織する 小学生
ジュニアリーダーとして活動する中学、高校生
シニアリーダーとして活動する大学生
育成者としての保護者
そして指導者という形で編成されるわけですが、

育成者は 基本的に高学年児童などの母親が務める場合が多く、
指導者ではありません。
育成者の役員は1~2年単位で交代していきます。

では、実際に子どもたちやジュニアリーダーに対して
子ども会の運営を如何に指導していくかを勉強し、
継続的に運営していける人材がいるかと問われ時、
実際にはそうした人はほとんど居ません。

もちろん レク指導はもとより、安全教育や、
子ども会の将来性を論議する土壌も育ちません。

あえて問われることは 地域において子供会は必要なのか?
何ができるのかという問いかけだけです。20070421094404.jpg


スポンサーサイト
できごと 雑感 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「こどもの遊び発見」

長年 愛知県の児童遊園施設に勤務された 中日こども会OBの Fさんがこのほど 別の場所に移動されました。

もちろん 子供の世界に取り組まれる部所ですが これまでの現場での経験や知識を元に新しい場所で子供たちに新しい世界を提供していただきたいと思います。

私は 昨年 中日こども会の60周年事業に参画したとき思ったことなのですが、いつか、できるだけ早い時期に三宅先生のこれまでの著作物のなかから発表された遊びの数々をデータ化する必要があるのではと感じました。

三宅先生の発表された ゲーム遊びや体力あそび、実技の一つ一つはすばらしいものですが、時に時代の変化の中でその取り組みが難しいものも出てきました。

たとえば 定番の遊びであった 「空き缶積み」競争です。ジュース類はいまやペットボトルが中心となり、子供たちにとって身近なものではなくなりました。

保育園の先生や親たちも 実際には自分たちがあまり外で遊んだ経験が乏しく 書籍で読む習慣も薄れつつあります。
また、三宅先生の遊びの数々を 単に日本だけでなく世界に向けて発信していく上では インターネットを初めとする新しいメデイアの活用は必要であろうと思います。 

 三宅先生の資産を 生かす為のデジタルアーカイブ事業が必要な時期が来ているのではないでしょうか?

20060825010223.jpg


できごと 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

少年まもる スクールサポーター

『 非行少年の立ち直り支援や少年が巻き込まれる犯罪の防止のため、この春導入された「愛知県警スクールサポーター」の発足式が二日、県警本部であり、サポーターとして活動する元警察官八人が出席した。

 サポーターが配置されるのは中川、守山、愛知、春日井、一宮、岡崎、豊田、豊橋の八署。各署の生活安全課に嘱託職員として所属し、更生を目指す少年の居場所づくりをしたり、相談に乗ったりする。五十代後半-六十代前半でかつて少年係や刑事係などを担当した警察官が務める。』(中日新聞 4/3 紙面より)

また、西尾市では 10年ほどまえに問題となった 中学生いじめ自殺事件の 大河内清輝くんのお父さんが  いじめ相談員として市から任命された。

少年少女たちを いじめや犯罪から守る取り組みが各地で起きている。

ただ、あまりにも温室栽培的なこどもの育て方には 何かしら 疑問を感じるのは私だけだろうか?

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

できごと 雑感 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。